スイングキッズがやってくる! 第3回MLJOコンサート開催決定!

スイスから凄いKids Bandがやってきます!
私たちが目標にしている「スイングキッズ」です。
スイスで一番大切にしたいバンド・・に何回も選ばれている本当に素晴らしいジャズバンドです。

今回、MLJOの第3回コンサートのスペシャルゲストとして参加してくれる事になりました。 私たちも演奏を聴いて貰う事を楽しみにしています。

スイングキッズは17才までの12人~13人で構成されるジャズバンドです。
今回のメンバーが今までで一番平均年齢が低く、何と13才です!

演奏後は滋賀で1泊してくれますので、私たちも一緒に泊まって、
言葉は通じないかもしれませんが、いろいろな話が出来たら嬉しいなと思っています。

是非、スイングキッズの演奏を聴きに、このコンサートへお越し下さい!!
勿論、私たちマザーレイクジャズオーケストラも精一杯演奏します。

高校生以下の方は無料なので、吹奏楽などで楽器をされている方は、
是非見学に来て下さいね! (見学も申込をお願いします)

日時:4月13日(土)
17:00       開場
17:30   MLJO スタート
18:30       スイングキッズ スタート
19:30       終演

場所:北ビワコホテル グラツィエ (長浜市港町4-17  tel:0749-62-7777)

料金:一般 2,000円(当日同額) 高校生以下 無料

申込、問合せ:株式会社EGS(エグズ)
TEL:077-535-5057 Mail:info@mazare-jazz-orchestra.com

2019_swingkids_0413

2018-2019 第4期ご協賛ありがとうございます!

前期に引き続きまして、活動資金のご支援を頂いた皆様をご紹介させて頂きます。
本当にありがとうございます。

ご支援額 1口 1,000円からのお申込みとさせて頂いております。
ご協賛金額は非公開と致します。
掲載はお申込み頂いた順となっております。

株式会社B&M株式会社 様

社会福祉法人パレット・ミル 様

株式会社渡辺工業 様

3月1日 第3期生募集開始しました!

第2期生募集の後、正式な募集を行わないままとなっておりました。
その後は、個人的に参加を申し出て、見学に来てくれた中から、
入団したメンバーもありましたが、1期生の多くが、大学生となり、また高校進学に伴って参加が難しくなったメンバーも増え、特に管楽器のメンバーが激減したことから、正式に第3期生を募集開始する事になりました。

小学生、中学生を参加を特に希望しています。
トランペットや、サックスに興味のある人は是非見学に来て下さい!

H31-新メンバー募集チラシ表面(案)_01

 

5月12日(土)イオンモール草津に出演します!

■2018年5月12日(土)
■イオンモール草津 1F セントラルコート
■出演時間  1回目 11:00-11:30  /  2回目 12:30-13:00  /  3回目 14:30-15:00
■観覧 無料
■出演
ドラム:ももか/まひろ フルート:ふうび トロンボーン:みづき/もえ/わかな
サックス:そら/たいすけ/りょうすけ ピアノ:るり/まさのり/そうし/たいが
トランペット:みのり/ひびき ギター:ゆうな
■サポート  ベース:土井重彰

商業施設で演奏するのは初めてです!
どんな感じになるのかドキドキです。
今年になってから、スイングキッズの木元さんに教えて貰った教本で練習した
新曲も演奏します!

そして15:30からは
世界的なパーカッショニストのヤヒロトモヒロさんが、
リズムワークショップをしに来て下さいます!
私たちと一緒にワークを受ける事が出来ます。
世界のリズムを体験しましょう!!
小さなお子様から、大人の方まで目からウロコのリズム体験ですよ~

1Fステージ脇で参加整理券が発行されますので、受け取ってから参加して下さい。

参加料:1人 500円  但し、イオンのLINEお友達表示で無料になります。

応援に来て下さいね!!
お待ちしています(^O^)/001

2018.3.1京都新聞で紹介して頂きました!

FB_IMG_1519894971185

私たちが目標にしている、スイスのスイングキッズを率いる、Mr.Dai Kimotoさんが、1週間ほど来日される事になり、その忙しい合間をぬって2日間もレッスンに立ち会って下さいました。

メンバーも、どんな人なのだろう? どんな練習をするのだろう?と、いつもとは少し違って、みんな緊張をしていたと思います。

スイングキッズがやっている練習方法を教えて貰いました。
Daiさんは、色々なお話をみんなにして下さいました。
そして、特にトランペットのメンバーには個人的なアドバイスもして下さいました。

その日の様子を取材して下さった写真が掲載されています。

記事の内容は次のような事です。

このバンドを結成する時に、滋賀県文化振興事業団(現びわ湖芸術文化財団)主催の、アートコラボレーション事業という一般公募に企画を応募して、10代だけのジャズバンドの結成と育成というコンセプトで、必要な事業費の3/5を援助して頂く事が出来ました。これは平成29年度まで2年間に渡り採択して頂きました。

楽器や、楽器の運搬、練習場所になるホールのレンタル、講師への謝礼、
コンサート時の音響や照明、ゲストの出演料など、それらを全て個人で負担するのは容易な事ではありませんでした。

必要経費の3/5を援助いただけたお陰で、このプロジェクトはスタート出来ました。

また、コンサート開催に際しては、野洲文化ホール様が共催という形でご協力頂き、子どもたちは立派なステージでデビューする事が出来ました。

その後も、野洲を拠点に2年間練習を重ねて来ました。
改めて、本当に心から感謝を申し上げます。

県からの応援が30年度からは無くなったのですが、スタートしたばかりのこのプロジェクトはここからが本番です。
弱小企業の弊社ですが、これからも全力でこのバンドをバックアップして、スイングキッズのように多くの人から愛されるバンドに育って行って欲しいと思っています。

子どもたちが自分の意志で思う存分音楽を学べて、それらを沢山の人に聴いて貰って喜んでもらえる幸せを経験してほしいと思っています。

参加してくれているメンバー、送り迎えなど支えて下さっているメンバーのご家族、そして、主旨を理解して頂き、会社や個人で協賛をして下さっている皆様。

これからも大きな夢に向かって皆で頑張って行きますので、応援をどうか宜しくお願いします!

今回の京都新聞さんは、「県の援助は終了したが、今後も変わらず続けて行きます」という部分を紹介して下さいました。

私たちの活動に興味を持って頂いて、そしてそれを発信下さって、本当にありがとうございます。