SUPPORTER


2017~2018 第3期 指導サポート体制について

デビュー以来ご協力頂いて来た講師の皆様には、今までと変わらず必要な場面でご指導をお願いして参りたいと思いますが、今後はより一層多くの音楽家の皆様の、素晴らしい「音」に触れる機会を増やして行きたいと思っています。その経験こそが、子どもたちの「聴く力」を養いより深く音楽の喜びを感じられるものだと信じているからです。

難しい曲、難解なフレーズを演奏する事が本意ではありません。
美しい音で、聴く人の心に響く演奏が出来る事が一番大切な目標です。
団としてレパートリーを増やし、何かの大会で賞を取る事が目的でもありません。
個々のメンバーが自分の音楽と向き合えて、自分らしく演奏をし、人に喜んで貰い、音楽で幸せを感じる事を学んで欲しいと思っています。

基礎練習など、大切な個人練習については、日々の努力と多くの時間が必要です。個別レッスンが必要な場合は各パートの講師が主宰されている教室(有料)へ入って指導を受けるという形にしたいと思います。


結成からデビューコンサートまで、厳しく、優しく指導していただいた、講師のみなさんをご紹介します! 本当にありがとうございます。

濱田明英 (トロンボーン)

膳所高校でトロンボーンを始め、滋賀大学教育学部卒業後トロンボーン四重奏で活動。濱田明英その後ジャズ、ポピュラーに転身。
故・村上ユミコ氏に師事し、氏の「ユミコニアン・オーケストラ」で、さがゆき氏、岡本博文氏らと共演。
また、Our Love To Stay (アワラブ) のメジャーデビューライブに参加。
アワラブのライブサポートバンドであるYossy Big Band (YBB) に、バストロンボーン奏者として在籍。YBB独自でもライブ活動を行う。
サルサバンド「 VS La Moda (ベーエセ・ラ・モーダ) 」、「Sensacional  (センサシオナル) Orquesta Osaka」、「SonD’asere (ソンデアセレ)」

スウィング&オールディーズバンド「フジヤマチャロル」Big Band「GYAO」、さらに「アロハ合奏団」「アロハブラススターズ」などで活動。

現在は関西を中心に「Club The Third – WEST」(ルパン三世専門バンド)で活動中。
Jazz トロンボーンを宗清洋氏に師事。
主な共演者:伊藤君子氏(Vo)、内海英華氏(三味線)、永田カツコ氏(Vo)、古谷充氏(As・Vo)、宮川泰氏(Pf)


西村有香里 (ティナーサックス)

西村有香里_最新

大阪府堺市出身。3歳よりピアノを始める。大阪府立泉陽高校の軽音楽部でテナーサックスとジャズに出会う。
滋賀県立大学に入学後、仲間と共に音楽サークルを設立。そこで様々なジャンルの音楽を経験し音楽の道を志すようになる。
卒業後は楽器店の専属サックスインストラクターとして勤務。その後独立し本格的に演奏活動を始める。
また二度にわたり渡米し、ニューヨークにてLew Tabackin氏, Tad Shull氏のサックスレッスンを受ける。
数少ない女性テナーサックス奏者として、関西を中心に精力的に演奏活動を行なっている。
2011年 大津市文化奨励賞受賞
2011年より「JAバンク滋賀」の イメージキャラクタターとしてTVCM等に出演中、2013年秋 初のCDをリリース


水谷清和 (ドラム)

mizutani02

高校のビッグバンドでドラムを始め、大学では京都大学ダークブルーニューサウンズオーケストラに所属。
大学卒業後は都内を中心にライヴ活動を行う。その間、音楽学校やジャズスクールにてドラム講師として後進の指導、ジャズ専門誌のライターとして取材・執筆を行う。
現在は、より多くの人に演奏の楽しさを知ってもらうため、レインボーミュージックスクール(大津市)代表として教室運営、レッスンを行っている。


畠山ゆき (ピアノ)

140

4歳より音楽を始めクラシックピアノとエレクトーンを学ぶ。
20代でジャズピアノに傾倒、故市川修氏、藤井貞泰氏に師事。
ベニー・グリーン、バリー・ハリス、諸氏のクリニック等に参加。
主に伝統的なジャズを愛し 京都を拠点に関西のライブハウスやバー、カフェ、ホテル等で演奏活動中。
滋賀県大津市レインボーミュージックスクール講師。

2013年、オリジナル曲「ママ大好き」を京都育児団体『ママ大好きプロジェクト』に提供。『胎内記憶』の著書・池川明氏に推薦を受け、KBS京都ポジぽじたまご育児応援コーナーで使用されるなどピュアな感性を生かした素朴な曲風が好評を博す。
2014年、映像作家 服部拓磨氏の作品『MONK’S CIRCLE INSTITUTE』に曲を提供。近年は演奏のみならず幅広い活動を展開中。


土井重彰 (エレキベース・ウッドベース)

 

unspecified

 

 

 

 

1983年生まれ。
黒石昇氏に師事。
滋賀県の老舗ビッグバンドDandy Dukes Jazz Orchestra所属。

大学卒業後、インディーズレーベルよりCDリリース。
野外音楽フェスティバルやFMラジオ NHKテレビ 等に出演。
同時期より並行して多くのアーティストのサポート演奏やレコーディングに参加し、ポップスやロック、ジャズ、ファンクやラテンなどの幅広いジャンルで経験を積む。 現在は演奏活動に加え、WEBマガジンへの寄稿やジャムセッションのホストメンバーを務めるなど多方面に渡り活躍中。


阿部 悟 (ギター)

satoruabe new

1983年、神奈川県生まれ。12歳から独学でギターを始める。18歳の時にAN MUSIC SCHOOLに入学し、ブラックミュージックに影響を受ける。

卒業後は演奏業、講師業を行う傍ら、自己のジャズバンドやPOPSユニット「Calmia」で積極的な活動を行う。

現在も各地のイベント、ラジオ出演などをはじめ多方面、多ジャンルで活躍中。

 


マザーレイクジャズ・オーケストラのメインサポーター (指導してくれるプロミュージシャン)

JABBERLOOP (ジャバループ)

DAISUKE (Sax) / MAKOTO (Trumpet) / MELTEN (Keyboard) / YUKI (Bass) / YOHEI (Drums)

リーダーでドラムのYOHEIさんと、ベースのYUKIさんが滋賀出身
SaxのDAISUKEさんと、KeyboardのMELTENさんも京都出身と、滋賀には馴染みの深いバンドです。昨年プロデビュー10周年を記念して、故郷滋賀に恩返しがしたいと、浜大津で「マザレフェス」をプロデュース。東京からの集客数も多く大成功を収めました。
その企画で地元の音楽に関わっている高校生と一緒にステージに立ちたいと、高校へ出向いて一緒に練習指導をし、そしてプロのステージに高校生達を立たせてくれました。
この模様は関西TVがドキュメンタリー番組として取り上げてくれて、高校生達には本当に素晴らしい思い出になりました。 この経験を生かして今回、若者のビッグバンド結成にあたり、彼らに指導をお願いした次第です。

150311_jabberloop_03

プロフィール

東京を拠点に活動するインストバンド。
オリジナリティ溢れる音楽性を持ち、海外、野外フェス、ジャズクラブなど幅広い範囲でのライブ活動を行っている。
印象的なメロディーを持つ楽曲が多く、多方面で評価される。(CMタイアップ、プロダンサーが使用、ダンスコンテストでの定番曲、テレビやラジオでの高い使用率、高校野球の応援曲、吹奏楽やエレクトーンでのカバー演奏など様々)
2004年滋賀で結成。
2005年 メンバーが現在の体制となり、活動の拠点を東京に移す。
2006年 ストリートライブやクラブイベントを中心に勢力的にライブ活動を行う。
2007年 1stアルバム『and infinite jazz…』をコロムビアよりリリース。同時期にロンドンで12インチアナログ『UGETSU』のリリースし、ジャイルス・ピーターソンがイギリスのBBCラジオでプレイするなど海外で大きな話題を呼ぶ。
2008年 リミックスワークやプロデュースワークなど、他アーティストとのコラボレーションを勢力的に開始し、初のワークスアルバム『infinite works』をリリース。
2009年 2ndアルバム『CHECK THIS OUT!!』をリリース(収録曲『シロクマ』がiTunesのジャズチャートの1位を長期に渡って獲得し、今なお上位を守り続け現在はバンドにとっての代表曲となっている)。ミニアルバム『OOPARTS』をリリース。アルバム『REVENGE OF THE SPACE MONSTER』を全米でリリース。初のライブアルバム『LIVE at MOTION BLUE YOKOHAMA』をリリース。
2010年 3rdアルバム『攻め燃える』をリリース(収録曲『Round-Mirror Moon』がiTunesのジャズチャートの1位を長期に渡って獲得)。同作は、iTunesStoreのRe:WIND(年間最優秀アルバム)の国内ジャズ部門を獲得する。台湾のラッパーSOFT LIPAとの共作アルバム『経典!』をリリース(収録曲『dental driller』が人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン2011』に使用される)。
その後、独自のジャズを追求し続け、ひとつの物に偏らず、色々な物を融合させていくというスタイルを確立していく。

特に、ダンスチーム、ブラスバンドなどの若者に圧倒的な人気を誇り、JABBERLOOPの楽曲を使用している学校、チームが多数ある。

昨年デビュー10年を迎え、滋賀と東京、滋賀と全国を繋ぐ活動も開始、マザーレイクジャズフェスティバル(略してマザレ)が昨年大津で大成功を収める。今夏封切りとなる映画「マザーレイク」では、主題歌をはじめ全ての曲を担当。 ニュースゼロのスポーツコーナーの楽曲も彼らの曲が使われている。

 

記録映像-1

2015年 JABBERLOOPが玉川高校へ出向いて練習をした模様をご覧いただけます。   (Aラジオ提供)